新着情報

企業見学報告(2015年8月)

2015年8月5日に学生の企業ツアーを行いました。

◆沢井製薬 九州工場

我が国の医療費削減のためにはなくてはならないジェネリック医薬品の国内シェアの多くを支える沢井製薬を訪問いたしました。

参加者にとってGMP準拠の工場見学は初めてであり、生産における徹底した品質管理について大変興味深く見学いたしました。

「なによりも患者さんのために」の企業理念に基づき、患者さんからの生の声をエピソードブックという形で冊子にまとめ、年に1度社員に配布することで各工場はそれを参考に、沢井製薬の製品がお客様の手に渡り、役に立つことに思いを馳せ、日々頑張っていらっしゃるとのこと。

sawai01

sawai02

sawai03

sawai04

<参加学生のコメント>

「なによりも患者さんのために」が徹底されていた。最終顧客を見据えて元の存在がある構図は、ARO次世代医療センターが行う、基礎研究〜実用化までの支援プロセスと類似していると感じた。製造工程を知り、ジェネリック医薬品の社会的意義についても考える機会となった。(大学院生・田村拓也)

徹底した品質管理が工場の至る所で目に付いた。清浄度区分による床の色分けや清掃が容易なアルミ製の天井・壁、作業員に対する意識管理により、GMPに適合した業界トップレベルのハイクリーンさが保たれている。
今後機会があれば、ジェネリック医薬品の開発現場やより良い医薬品・包装のアイデア創出の場も見学してみたい。(山本真輝)